職業適性一覧

就職の適性検査とは

適性検査は、就職を成功させるためには重要なポイントです。適性検査でチェックすることは、人間関係や仕事内容全般に関する適性です。適性検査を行うことで、精神状態は安定しているか、抗ストレスは強い方かなどがわかります。その人の能力をトータル的な面から分析して、判断力の有無や対人折衝能力など、何が得意で何か不得意かをチェックするものです。採用を望んでいる仕事と相性はいいか、就職後は問題なくやっていけそうかどうかといった適性を調べるのです。

採用試験の第一段階として適性検査を行っているという会社も少なくはないようです。就職活動を成功させるためには、序盤の適性検査でつまづくことのないよう、あらかじめ適性検査についてある程度の下準備を行っておくことが大事です。求人情報会社が企業スペースとは別にブースを作っており、就職活動に取り組む新卒者の相談に乗ってくれるところもあります。自身が適性検査を受けた時にどのような結果が出るかを、可能なら数回どこかで受けて把握しておきたいものです。

その上で面接を受けると有利にもっていけるでしょう。自分自身の職業や職種の適性を知ることで、自分のセールスポイントの発見につながり自己アピールもしやすくなります。会社によっては、一次審査を適性検査で行っているところもあります。会社側が採用試験を進める上でも、求職者が適切な就職活動をする上でも、適性検査は大きく役立っています。

続きを読む

就職時の適性検査に関する注意点

回答の仕方次第でほとんどの場合不合格になってしまうような適性検査の項目もありますので就職には気をつけましょう。常識的にありえないような答えを適性検査で書けば、虚偽の内容と思われるでしょう。そこで失敗したために、就職活動成功の道が閉ざされてしまうこともあります。例えば、今迄一度も嘘をついた事が無いですかという設問にはいと答えた場合、あなたの不合格はほぼ確定するでしょう。事実と異なることをいった経験が皆無だという人は、いないはずです。

適性検査が採用試験の一部に含まれている場合、初めの段階で受けるというケースが主です。自分の気持ちに素直な回答を心がけることが重要です。就職の人材選考時に行われる適性検査の目的は、人材が企業の社風や募集している職種に対する適性があるかどうか判断する事です。企業の社風、雰囲気、業界の特徴、職種の特徴をしっかり把握して、就職選考時の適性検査で自分の適性をしっかりアピール出来る様にしておくことも必要です。

適性検査を受けた会社が、総合商社だったとしましょう。未体験の挑戦、海外での生活などに馴染みやすいかどうかといった点が、海外事業や新規開拓の多い総合商社では求職希望者に求めるところです。スムーズな就職活動を行うためには、適性検査に漫然と回答するのではなく、各企業が適性検査を通じて求職者に期待していることを頭に入れた上で回答をすることは意味があります。

続きを読む

就職の選考過程と適性検査について

何段階かの選考の一つとして、就職活動時には適性検査があります。就職活動を成功させるには、適性検査から始まり、書類選考、グループ形式のディスカッション、面接試験などを経ることになります。適性検査の結果は、それ以降の試験との齟齬が起きないようにしましょう。多くの人が詰めかけるような人気の会社では、最終的には恐ろしいほどの倍率になっています。適性検査では沈思黙考型でまず人の話をよく聞くと出たにもかかわらず、実際は口数が多く聞くよりまず話すタイプだったとします。

おそらく本来は自分の意見を主張するタイプなのにも関らず、就職の適性検査ではその逆のタイプと判断されたと考えられます。違った結果が出たケースでは、しばしばエントリーシートの時点で落ちてしまいます。適性検査と面接で食い違った人柄になってしまえば、会社としてはどういった人かわかりづらいと思うでしょう。結果的に採用可能性が遠ざかり、就職活動がうまくいかない原因になってしまいます。

適性検査で出た内容と自己アピール、自己分析の内容が食い違っていたら、書類審査の段階で不利になることは明らかなことです。倍率の高い大企業で採用されるためには、適性検査、面接、自己PRそれぞれが食い違わないように注意しながら、会社にアピールしたい人物像を提示することです。一貫性をもつことに気をつけるだけでも、希望の企業の内定をグンと近づけることができるでしょう。適性検査はインターネット上の無料判断もありますので、就職試験に臨む前に利用してみてはどうでしょう。

続きを読む

アドセンスで1日ワンコイン
アドセンスで1日500円
稼ぐと考えると気軽です

http://www.adsense-key.com/
職業適性検査対策の本
職業適性対策のために本を買って読もう!
http://amazon.co.jp/
by

サイトTOPへ